学校における常勤講師と非常勤講師との違い 「フルタイム」か「スポット」か

学校における常勤講師と非常勤講師との違い 基本的には同じ業務だが扱いが異なる 小学校で講師体験 講師になったからわかる学校のこと

学校の先生には大きく分けて「正規教諭」と「講師」が存在します。

その中で「講師」も2つに分かれており、「常勤講師」と「非常勤講師」が存在します。そして常勤講師と非常勤講師の扱いは変わってきます。

一番の違いは勤務時間でしょう。常勤講師は「フルタイム」で働きますが非常勤講師は「スポット」で働くことが多いです。

勤務時間 契約状況によって異なる

常勤講師は基本的に教諭(正規採用された先生)と同じなので、8:00~16:45までです。(勤務時間は学校や各市町村、教育委員会によって若干異なります。)

非常勤講師は、自分の授業のときだけ学校に勤務をするといった形態をとります。

給料 固定給か時給か

常勤講師は他の教諭と同じ扱いになるため、固定給です。その際、前職や経験等がある場合には、加味されることがあります。非常勤講師は時間給となるため、アルバイトと同じと考えてよいと思います。

仕事の内容

常勤講師は他の教諭と変わりません。担任にもなりますし、部活動を持つこともあります。教諭のしている仕事のほとんどをすることになります。

非常勤講師は、担任を持つことはありませんし、部活動を持つこともありません。

有給休暇

常勤講師には各都道府県にもよりますが、年間20日の年休(有給休暇)があります。非常勤講師にも有給休暇はあります。全ての労働者は、労働基準法に守られているため、勤務日数や様々な要因が絡んできますが、いずれにしても有給休暇を取ることは可能です。

タイトルとURLをコピーしました
教員免許が取得可能な通信大学一覧 教員免許が取得可能な通信大学一覧