先生を目指すなら知っておきたい現場事情

教員になるなら知っておきたいことを紹介しています。特に先生経験がなければ分からない細かな情報をピックアップして紹介しています。

通信大学では教えてくれない学校のルール

通信大学では教員免許を取ることはできます。しかし「学校で働くためのルール」を教えてはくれません。

特に一度社会に出た人が途中で通信大学で教員免許を取得し、それを活かして学校で働き始めると、外の世界との違いに戸惑うことがあるかと思います。

教員採用試験に合格した人であれば初任者研修で指導教官から色々教えてもらうことができます。

しかし例えば講師として働く場合、学校で働く上でのルールを誰からも教えてもらうことはできません。

分からないことは聞けば教えてくれるのですが、周りの先生も自分の仕事が忙しく、手取り足取り教えてくれるということはなかなかありません。

また、「分からないことが分からない」状態に陥ってしまうなんてことも・・・。

そこでここでは「学校で働くときに気を付けたほうがよいこと」「先生を目指すなら知っておきたい教育現場の実情」をお話ししたいと思います。

一応お断りとしてですが、ここに掲載されている内容がすべての教育現場で通用するかというと分かりません。

同じ学校は1つとしてないが基本は同じ

一言で「学校」と言いますが1つとして同じ学校はありません。

「子ども」「保護者」「地域」によって学校の色は変わります。また「校長先生」の考え方次第でも色が変わります。さらに「教育委員会」の方針次第でも大きく色が変わります。その他「同僚の先生」によっても変わってきます。

そのため「参考程度」に頭に入れておいてくれると良いと思います。

現場の先生は異動のたびに対応している

ちなみに公立学校の先生は数年に一度「異動」があります。

例えばAという小学校からBという小学校に移動になったとします。働く場所は違うかもしれませんが同じ小学校ですよね。

それでも異動した先の学校ではルールも雰囲気も違うため、初めのうちは皆さん結構戸惑いながら仕事をします。戸惑いながらもその学校のルールに慣れ、さらには自分の居場所を確保していくのです。

学校とはそういうものです。

今回ここで紹介する内容は、恐らくどこの学校で働いたとしても通用するであろう内容だと自負しています。

先生には時代の変化に対応する柔軟性を身に付ける必要がある

教員は幅広い情報を取り入れる必要がある ニュースや芸能ネタがクラス運営に役立つ

先生は正しい鉛筆や箸の持ち方をするべき できていない人が結構いる

学校の先生に必要な生活技術能力とは

教員は携帯電話を教室に持ち込んでよいのか?非常時以外は持ち込まないが原則

学校の先生に必要な「ホウレンソウ」 報告・連絡・相談は非常に大事

学校の先生の礼儀 常識の範囲内で礼儀をわきまえる

教員の言葉遣い 丁寧がいいの?フランクがいいの?

教員はお辞儀をした方が良いのか?お辞儀はマナーの1つ

教員はどの程度挨拶をすればよいのか?挨拶は基本中の基本!

教員の身だしなみ どのような服装が良いのか

教員の化粧が濃いのはどうなのか?ほどほどが無難

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 /姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学

スポンサードリンク


このページの先頭へ