講師の体験

採用試験に合格になくても教員免許を持っていれば、学校の教壇に立つことはできます。つまり講師登録です。

 

これは、産休、育休、病気等、突然何かしらの都合で、学校の先生が休む場合、各市町村に登録されている教員免許を持っている人が代理として先生になることを言います。

 

県で採用されるのか、それとも市町村で採用されるかにもよりますが、基本的には正規採用の先生とほぼ同じ条件で仕事に就けます。

 

そのほとんどは期限付きであり、数ヶ月から年単位までと様々ですが、期限が過ぎたとしても次々に話は来るそうです。

 

ですから、採用試験が難関なためずっと講師として働いている方もいるそうです。

 

ここでは、講師をされている方の話を掲載していきたいと思います。ただし、ここで掲載している内容は、その個人の話であり、また特別なものです。だからこそページとして作成しました。必ずしもどこでも同じということはありませんのでそこを考慮して見てください。


 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ