教師の意識の低さが問題 なぜ教職員の問題は繰り返されるのか?

教師の意識の低さが問題 なぜ教職員の問題は繰り返されるのか? 困った教育問題 学校や家庭で起こる問題を少しでも減らしたい

最近、教育界の問題を目にすることが多くなりました。それは、情報をすぐに手に入れられる環境に私たちがいるのも原因かもしれませんが、それにしても教員の不祥事は多いです。

2012年6月7日に見たインターネットのニュースで以下のような内容が掲載されていました。多少リライトしています。

学校内に持ち込んだ私物のパソコンで、よからぬ動画を見たとして、大阪府教委は7日、府立高校の男性教諭(58)を減給10分の1(6カ月)とする懲戒処分を発表した。男性教諭は同日付で依願退職した。

教科準備室内で、勤務時間内も含め計64回(のべ6時間24分)にわたり、外付けHDに保存していた良からぬ動画を視聴した。

準備室に来た生徒に見つかり発覚したという。

また、授業中に私語を繰り返した生徒の頭をたたき、軽傷を負わせた高槻市立中学校の男性教諭(54)を減給10分の1(3カ月)、勤務時間中に、金融機関などで金を借りるため「中抜け」した、同市立小学校の男性校長(58)を戒告処分とした。

内容が内容なだけに、言葉も出ない感じです。ちょっと、仕事に対する意識の低さを感じます。このような内容でも、ニュースに掲載されてしまうことが分からなかったのでしょうか。

公務員はメディアの標的になりやすい職業です。それが分かっているはずなのに、「恐らく大丈夫」という考えで、こういったことを行ってしまうのでしょうか。

今でこそ、公務員に対してここまで厳しくなってきましたが、一昔前まではそうでもありませんでした。このニュースに掲載されている人は全員50代。この人たちが若かったころには、一番初めの記事は例外としても、その下2つは普通に行われていたと思います。

現に、私が学生のときには、何度も殴られました。周りの友だちも殴られていました。それで特にメディアに取り上げられたことはなかったと思います。

また、中抜けする先生は普通にいました。今でもいます。おそらく学校長の許可を得ていれば問題はないはずなので、許可を得ていなかったと考えられます。

いずれにせよ、教育界(公務員)は目に付きやすい業種ではあります。通信教育で教員免許を取得したいと考えている人はその辺も意識して、全うな教員生活を送ってください。

表沙汰になるのはごく一部

教員の不祥事がメディアで報じられることがありますが、理由としては標的になりやすい職業であるということが挙げられます。

さらに報じられる問題は、実は氷山の一角なのです。

冒頭でもお話しした通り、2人の教諭は依願退職と戒告処分となっています。これよく考えるとかなりの責任を取っています。

参照⇒処分の差は?公務員の処罰「訓告」と「戒告」の違い

これらのレベルに達しない問題は数多く発生しています。また同等のレベルの問題が起こったとしても、表沙汰にならないとここまでの処分とならない可能性があると言われています。

あくまでも噂で耳にしたことですが、冒頭でお話しした以上の問題がある学校で発生しました。関与した教諭は2名なのですが、結論としてその2人は異動で終わったらしいのです。

このようなことからも表沙汰になるならないは、大きなポイントとなります。問題を起こした教諭からしてみても、教師人生が大きく左右されるのです。

タイトルとURLをコピーしました
教員免許が取得可能な通信大学一覧 教員免許が取得可能な通信大学一覧