許せない先生 世の中に存在する2つのタイプの先生

許せない先生 世の中に存在する2つのタイプの先生 困った教育問題 学校や家庭で起こる問題を少しでも減らしたい
記事内には広告が含まれています。

この世には2通りの教師がいると思います。生徒を指導するために学校へ行っている教師と、お金を稼ぐために学校へ行っている教師です。

お金を貰うためだけに教師をしている人ははっきり言って迷惑です。なぜなら、生徒には関心がないからです。生徒が何かをしても関係ないし、クラスで問題が起こっても興味を持たないし、生徒にとっては最悪の教師だと思います。

そういった人が不祥事を起こすのだと思いました。もし子どものことを真剣に考えて教師をしている人ならば生徒に対するワイセツ行為や暴力行為等しないはずなのです。

子どもが傷つくことは、自分が一生懸命に話していることを簡単に流されることだと思います。子どものことをしっかり思っている教師は話をいい加減には聞きません。忙しくても時間を作り話を聞こうとします。しかし給料を貰うだけに来ている教師は、生徒の話なんて関係ありません。「はいはいそうですか」と流してしまうのです。

そういった教師がなぜ教育現場にいるのでしょう。教員採用試験にパスしてきているからです。言い換えると、教員採用試験でパスさせている試験官がいるということです。ですから、最近の教師による不祥事も、不祥事を起こすような人間を採用試験官はわざわざ選んでいることになります。

採用試験は大変難しいものです。なかなか合格できないものだと聞きます。しかし、勉強さえ出来れば合格できるのも事実です。私は、学校の教師に本当に大切なことは勉強よりも、人間としてのまっとうな心だと思います。そして生徒に対する熱い気持ちだと思うのです。

ですから分けの分からない事件を起こさないように、採用試験を心理テストにでもすればよいのです。また、問題を起こした教師だけを罰するのではなく、その人を教師にさせた試験官も処分を与えるべきではないのでしょうか?

実際には無理でしょうが、それだけしっかり、慎重に教師を選ぶ必要があるということです。

「教員免許」
取得できる通信大学を検索

「資格」
取得できる通信大学を検索

タイトルとURLをコピーしました