最近の家庭事情

私は家庭教師をしていて多くの家庭にお邪魔します。しかし、極端に家庭の種類が違うと感じることがあります。

「先生!ガンガンやっちゃってください。言う事きかなかったら1発2発頭をぶん殴っても構いません。」

まぁ昔ながらの親ですね。そういう親こそ子供のことをしっかり考えてたりします。子供が今何をやっているのか、何を勉強しているのかをしっかり把握しています。しかし、子供のことを把握していない親もいます。私にとっては信じられないことです。

私:「今、お子さんが学校で何を勉強しているか知っていますか?」

親:「知りません」

私:「もう6年生なのに足し算や引き算に不安があるんですが・・・」

親:「あぁそうなんですか。 知りませんでした。」

焦りました。ありえないと感じました。自分の子供が何を勉強しているのか分かっていないのです。その割りに私には非常に厳しかったのです。

親:「しっかり基礎を教えてください。」

基礎とは足し算や引き算のことでしょう。

しかし、6年生ですよ。もし出来ないのであれば家庭の方が教えるべきではないのでしょうか?勉強を全て教師や学校任せにするのは都合が良すぎると思います。そのため私は少しですが少しでも算数に慣れてくれるよう宿題を出しました。

1日百マス計算1ページです。

やりません・・・

私:「宿題をさせてください。」

親:「あ、やっていませんでしたか?そうですか」

終了・・・・・・

勘弁してください。

足し算や引き算がまともに出来ないということは、小学校1年生か2年生レベルです。ということは4年か5年遅れているのです。それでは中学校で通用しません。それなのに生徒の希望は高校進学。厳しすぎます。

これは子供の責任ではないと思います。生徒の能力を把握できていないその生徒の教師と親の責任だと思います。あとは最近の子供に多くいることなのですが”なんとかなるだろう”といった考えです。

本当に多いです。

私:「どうするの?このままだと高校へ行くのは厳しいよ。だから宿題をやってよ」

と中学生の生徒に言うと

生徒:「何とかなるよ」

というのです。

私:「なんとかならないから・・・」

また、このような子に限り親への口が大変悪かったりします。

「うるさい」「馬鹿じゃないの?」「はぁ?」「ふざけんな」

こんな感じの言葉を言っているのです。当然親は怒るのかと思いきや、全然そんなことはないのです。親は子供に何を言われても怒らない。子供は親がどれだけ大切な存在か分らない。仕方のないことです。親は誰に教わるわけでもなく親になるのです。

子供の育て方は手探り状態なのです。これは誰でもそうでしょう。ですから、正しい教育の仕方を学校は伝える義務があると思うのです。



【前の記事】 «
【次の記事】  »

 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする


このページの先頭へ