最近の教育事情 学校がサービス業化 子供のことを思うのなら厳しさは必要

最近の教育事情 学校がサービス業化 子供のことを思うのなら厳しさは必要 困った教育問題 学校や家庭で起こる問題を少しでも減らしたい

最近の教育には様々な疑問があります。もしも私が何の疑問も感じなければ、教職の免許を取得しようとは感じなかったかもしれません。

私が1年間小学校で支援委員をしていたときにまず校長先生から言われたことは、「最近の学校はサービス業のようになってしまった」でした。

驚きました。

私の時代では先生様様だったのに、今は周りの目を気にしながら教育をしていかなければいけないのかと感じました。勿論先生が必ずしも正しいとは限りません。しかし、生徒にとっては絶対的な存在でなければいけません。信頼できる教師がいるからこそ生徒はついていけるのだと思います。

しかし、仕方のないことなのかもしれません。近年、何かと家庭がうるさくなりました。何か問題が起こるとすぐ教育委員会に訴えます。また、すぐに学校に批判をしてくるそうです。

確かに、教員の不祥事がここ最近多く報告されています。そのために家庭の方も不安を抱いているのでしょう。しかし、教師が全員問題があるわけではないし、必死で多くの生徒をまとめようと努力しているのです。それを理解しない家庭の方が多いのです。

子どもをかわいがるのは分ります。しかし、かわいがることと甘やかすことは違います。何かの新聞でも書いてありました。

「本当に子どものことがかわいいのなら厳しくしなさい。何でも買ってあげることはかえって可哀相なことです。将来、大人になったときに分別のない人間になってしまう。」

その通りだと思います。

子どもはある程度厳しく育てるべきだと思います。

タイトルとURLをコピーしました
教員免許が取得可能な通信大学一覧 教員免許が取得可能な通信大学一覧