教員免許状の専修免許と1種免許との違い

教員免許状の専修免許と1種免許の違いは?

教員免許状には、『1種免許』『2種免許』『専修免許』とあるようですが、どのような違いがあるのでしょうか?
専修免許状は原則的には、一種免許状を取得している者がさらに大学院で学び「修士」の学位と教科又は教職に関する科目24単位を修得した場合に取得できます。専修免許は一種免許の上位免許になります。

1種免許は2種免許の上位版であり、基本的には1種免許は4年生大学卒業以上、2種免許は短期大学卒業以上と考えてくれると良いと思います。

ちなみに、免許の種類によって教員採用試験に影響があるのかという質問をいただくことがありますが、何人かの現役教員(採用試験管経験あり)の方に質問したところ、多少なりとも影響するだろうという回答をいただきました。

教員免許状は3種類ある

教員免許には1種、2種、専修といった3つの種類があります。

どの教員免許を1種や2種を持っていれば教員として活動することができます。専修は1種免許のさらに上の免許と考えてくれればよいでしょう。

一般的には2種免許状は短期大学卒業レベル、1種免許状は4年生大学卒業レベルとなっています。

そのため、たとえば4年生大学の教育学部を卒業した学生は、1種免許状を取得していることになります。

形としては、2種免許状を取得したのちに1種免許状を取得することになります。

どの免許でも働くことができる

教員免許は3種類ありますが、このいずれかを持っていれば学校で働くことは可能です。

多くの現場教員は1種免許状を持っています。それは現場教員の多くが4年生大学の教育学部を卒業しているためです。

多くの教員が1種免許状を持っている中、2種免許状で働いている人もいます。

1種取得を促されることも

2種免許状を持っている状態で教員採用試験に合格した人は、勤務し始めてから1種免許状を取得するように学校側から促されることがあります。

現場教員の話からするとですが、その話を受けても断っても良いそうです。結果として2種免許状の状態で勤務を続けている人もいるとのことでした。

ただ現実的な話ですが、学校は縦社会であるため、上司から指示されたら無視できない人が多いかと思います。

タイトルとURLをコピーしました
教員免許が取得可能な通信大学一覧 教員免許が取得可能な通信大学一覧