初任者研修はどの程度の意味があるのか

各都道府県の教育委員会が毎年行っている『教員採用試験』に合格すると、翌年の4月から合格者は初任者研修という研修がスタートする。研修はメインとして配属された学校で行われていく。その際、初任者には『指導教員』というベテランの教諭がつくことになる。教師としての基礎・基本を叩き込まれていくことになるのだ。初任者たちは研修の一環として、毎週『学習指導案』を作らなければいけない。

『学習指導案』というのは、授業の流れを文章化、図式化したものだ。これを作るのはとても手間と時間がかかる。大抵の場合、学校現場では『一太郎』というソフトを使う。まれに『ワード』を使うこともあるが、現在まで多くの教諭は『一太郎』を使ってきているので、指導教員に合わせるという点でも『一太郎』を使えるようになったほうがよいのかもしれない。

また、初任者研修の中には『参観授業』などもある。これは指導教員が初任者の授業を見て、指導を行うというものだ。勿論この際にも『指導案』を作ることになる。夏季休業中には泊まり込みの研修も組まれている。

このように初心者たちは、通常業務以外に研修を行わなくてはならず、初任者である1年間はとてもハードな時間を過ごすこととなる。

では、この初任者研修は有意義なものなのだろうか。

実はこれが疑問がある。

初任者の指導教員は大抵40代~50代。その頃、初任者研修という制度はなかったのだ。自分たちが研修を受けていない状態で現在に至り、初任者の指導をすることになる。また、初任者研修をしたからと言って授業がうまくなるのかというと、必ずしもそうではない。

そもそも授業の善し悪しは、誰が決めるのか。

授業を受けている子ども達か。その保護者か。周りの教員か。

さらに人によって様々な判断を下す。

初任者研修が全く役に立たないとは言わない。しかし、良い教員になるためには資質によるところが大きい。

子どもの感情を読み取る資質。子どもに理屈なしで好かれる魅力。適度な指導力。

様々な資質が教員には必要なのだ。これはたった1年で身につくものではない。また、学校現場で身につくものでもない。それまで生きてきた人生で身につくものなのだ。

ある教員はいう。

「初任者研修などするから、マニュアル通りの教師しか育たない。マニュアル通りになど子どもは育たない。マニュアル通りの教員には面白みを感じない。」

まったくその通りだと思う。

研修の中で基本を身につけるのは必要だと思う。しかし、あまりの研修の忙しさで初任者を追い込んでしまうのは、ずれていると思う。

実際に、初任者の離職率は年々高くなっている。



 

全国の通信大学

所在地大学名
北海道北海道情報大学
群馬県東京福祉大学
埼玉県人間総合科学大学
千葉県聖徳大学 / 帝京平成大学 / 放送大学
東京都明星大学 / 日本大学 / 玉川大学 / 創価大学 / 東洋大学 / 法政大学 / 慶応義塾大学 / 日本女子大学 / 自由が丘産能短期大学/ 東京未来大学 (オススメ) / 武蔵野大学 / 武蔵野美術大学
神奈川県星槎大学
愛知県愛知産業大学 / 愛知産業大学短期大学 / 日本福祉大学
大阪府大阪芸術大学
京都府佛教大学 / 佛教大学大学院 / 京都造形芸術大学
兵庫県神戸親和女子大学 / 姫路大学
岡山県吉備国際大学
宮崎県九州保健福祉大学
※所在地は本部を置いている場所です。

記事のタイトルとURLをコピーする


このページの先頭へ